HOME

圧着ハガキの意外と知らない!ここが凄いところ!

色見本

自宅のポストに入っている広告類の中で、めくるページがついたものが圧着ハガキです。この圧着ハガキは多くの効果的な販売促進につながる広告になります。まず1つ目に、心理的に消費者を引き付けるものであること。隠されている部分があると人はめくって中身が何か読みたくなります。その結果、通常のDMに比べて消費者が広告を目にしてくれる可能性が上がり販売促進につながります。2つ目に、ハガキサイズでも多くの広告面積を稼げるため効率的に販売促進につながるところです。また様々な使い方ができるという特徴もあります。機密性に関しても通常のハガキよりも優れております。圧着ハガキは専用のニスを使用して圧着しており、記載内容が電話番号などの個人情報や契約内容等の場合でも漏洩の心配がなく使用できます。また、様々なタイプから選べることが可能で基本的なハガキサイズからA4サイズなど大判のものや、折り方が基本的な2つ折りではなくZ型などもあり、広告内容に合わせて選ぶことができる。最近はこのような圧着ハガキの作成は専門業者に依頼する方が増えています。取り扱いの専門業者に依頼すれば、高品質はもちろん、印刷から投函まで行ってくれます。

情報を安全に伝えたりアピールしたりするのに便利な圧着ハガキ

圧着ハガキは、中に重要な情報を掲載するときに用いられます。閉じられているので開くまでは中身が見えないですし、一度剥がすとくっつかず、剥がされてしまったらわかるので剥がそうとする人もいません。したがって、安全に情報を伝えるのに適しています。また、圧着ハガキは心理的に剥がしてみたいと思う人が多いので、開封率が高くなると言われています。そのため、重要な個人情報以外でも、キャンペーンや商品紹介などの広告ハガキに利用するのにも適しています。こうした特徴のある圧着ハガキの作成は専門業者に依頼すると良いです。専門業者はデータを送るとそれを印刷して圧着ハガキを完成させてくれますし、宛名も入れてもらうことができます。さらに、発送代行をやっているところであれば、そのまま発送までしてくれるので手間がかかりません。専門業者が扱っている圧着ハガキのタイプも複数パターンあり、二つ折りになっている物だけでなく三つ折りタイプもあるので、情報量に応じて大きさを選ぶことができます。他には、縦開きと横開きがあるので、こちらもレイアウトに合わせて選択すると良いでしょう。上手に活用することで様々な用途に使えますので、活用を検討してみてください。

圧着ハガキはどのような使われ方をしているの?

圧着ハガキは、糊やフィルムなどで閉じているタイプのハガキです。作成は専門業者に依頼すれば、簡単に仕上げてくれます。糊は閉じる部分に後から塗布して機械で圧力をかけて接着します。フィルムタイプは、印刷面にフィルムを張り付けて糊とフィルムで圧着します。使われる糊も様々なタイプがありますが、ニスやゴムなどが使われていることが多いです。圧着ハガキは閉じた状態でハガキを送ることができるので、プライバシーを保護することができます。そのため、公共料金やクレジットカードの支払い用紙などに用いられることが多いです。次いで利用されることが多いのはキャンペーンハガキで、情報量を多くすることができるので使われます。情報量が多くなるのは折り畳み式になっているためで、普通ならハガキ一には一面分しか載せられませんが、2倍から3倍に増やせるので、余すことなく伝えたい情報を伝えることが可能です。さらに、閉じられていると開いてみたいという欲求が生じるので、開封率も高くなります。したがって、普通のハガキでダイレクトメールを送るよりも効果が上がります。圧着ハガキの専門業者なら希望のデザインを形にしてくれますので、利用してみたい場合は問い合わせて相談してみましょう。

希望するデザインの圧着ハガキは【ユニオン印刷】が作ってくれます。大量発注も大歓迎、投函代行のサービスもあるなど、使いやすさに定評のある印刷会社です。

choices

圧着ハガキは機密性が高く情報量も多くなるため便利

圧着ハガキは中身が圧着で封がされていて、開かないと見えないので機密性が高いです。そこで、中身が他人に見られたくない情報を掲載して送るのに便利です。圧着されていれば簡単にははがれませんし、かといっ…

≫more

業者に圧着ハガキの作成を依頼した場合の便利なオプション

DMに使用する為に圧着ハガキを用意する時場合には作成は専門業者に依頼するというケースが一般的です。自作するのが難しくクオリティが低くなりがちで、それでいてコストも手間もかかるため最初から業者を利…

≫more

商品告知なら封書よりコスパに優れた圧着ハガキがお勧め

商品案内目的のDMを顧客に送りたい場合に、チラシを封書を利用して送るのか、圧着ハガキに印刷して送るのかの選択肢で悩まれる企業担当者の方もいらっしゃるでしょう。どちらも作成は専門業者に依頼すれば出…

≫more

広告郵便を送るならぜひ圧着ハガキで

圧着ハガキは、一般的なハガキと比較して2~3倍もの情報量を掲載することができます。通常、ハガキで広告を送る場合、記載できるのは表面の宛名がない一部分と裏面だけです。二つ折りの圧着ハガキを使用する…

≫more